真夏の肌の状態とルミキシルを使ったシミ治療

真夏の肌の状態とシミ予防

真夏の肌はどんな状態なのでしょうか。

真夏は、強烈な紫外線を受けて肌が悲鳴をあげています。

真夏の肌の状態

真夏の肌の状態とは

もっとも顕著な影響は、やっぱり日焼けです。肌がゴワつきやすくなり、くすみやシミも濃くなります。強い紫外線を浴びることで、美肌の鍵を握る角層が乾燥してしまうことも。暑いからとスキンケアをいい加減にしていたら、夏が終わる頃には深刻な老化現象を招くかも。

日焼けしなければ大丈夫?

日焼けしていないからといって油断は禁物!肌の奥ではエイジングが進んでいるかも。 😥

紫外線の種類のうち、肌表面で日焼けやシミの原因となるUV-Bよりも実は怖いのがUV-A。UV-Aは、肌の奥深くの真皮まで届き、シワやたるみなどの肌老化を招きます。

秋を迎える頃にシミで悲鳴をあげることにならないよう、スキンケアに力を入れましょう!

>> 40代に人気のスキンケア化粧品トライアルセット!ランキング

 

ファンケルのスキンケア化粧品

紫外線に強い肌に変えることはできるの?

角層がうるおった健康な肌は、外的刺激に強いんです。

外的刺激から肌を守る角層が乱れていると、紫外線などのダメージを大きく受け、肌老化が加速してしまいます。ハリとうるおい感が足りない肌は要注意。まずは、すこやかな角層を育むための栄養をたっぷり与え、肌そのものの力を高めましょう! 😀

>> 【ファンケル】アクティブコンディショニングお試しキャンペーン

肌細胞の誕生の瞬間から栄養を取り込む力を高め、刺激に強く美しい角層に導く、スキンケア化粧品「ファンケル」がおすすめです。40代の私も使ってます!

ルミキシル1ヶ月効果画像

夏に肌が老けるってどういうこと?

シミができやすいのはもちろん、紫外線がコラーゲンを破壊し、老化が進んでしまうことです。

シミやソバカスの原因になるだけでなく、シワやたるみまで引き起こす紫外線。35歳を過ぎると、こうした外的刺激によるダメージの修復能力も低下してしまいます。 😥

ルミキシルの効果

既にできてしまったシミの治療はルミキシルがおすすめ!

既にできてしまったシミの治療でお困りの方も多いはず。皮膚科に通えばシミ治療薬のハイドロキノンなどが処方されますが、副作用があるので要注意。刺激成分の強いハイドロキノンは肌に合わないと最悪の場合、痒みや赤みが生じることもあります。

そこで40代の私も使ってる、シミ消し治療薬「ルミキシル!」

ルミキシルを使ったシミ治療が私のおすすめです。 😀

ルミキシルはハイドロキノン以上のシミ消し効果があると認められた上、肌に優しく副作用がでにくいのが特徴です。

↓↓↓

>> 【 楽天市場 】ルミキシル クリーム ミニ(9ml)【正規品】 ハイドロキノンの17倍の透肌力!

【 ブログ管理人おすすめ! 】
お洒落と綺麗をもっと楽しみたい方に

↓↓↓

>>  ハイドロキノンのシミ消し効果!400日経過写真

>>  しわ改善に必須のレチノールって?効果写真あり

>>  もう肥満だなんて言わせない!

最後まで40代で綺麗になる!ミセス
ファッションブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/

にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村


40代ファッション ブログランキングへ


コメントを残す

CAPTCHA